ふたえ整形

プチ整形から切開へ

もともと一重だったのでプチふたえ整形をしていました。しかし、ふたえ整形はすぐに効果がなくなります。2.3年すると二重の幅がとても細くなるので気に入らなくなり2度ふたえ整形をしました。ただプチふたえ整形は切るのではなくまぶたに糸を入れます。そのため、2度目が終わった時もう次はふたえ整形を出来ないと感じました。もともと先生にも3回目までしか出来ないと言われていました。薄いまぶたに何度も糸を埋め込むのは危険だからです。そのために2度目のふたえ整形を終えだんだん二重の幅が薄くなってきた頃から切開法の整形を考え出しました。
やはり2度目のふたえ整形も1年ちょっとでだんだんと二重の幅が薄くなっていきました。顔が元に戻ると思い切開手術のふたえ整形をすることを決意しました。ただ切開法はメスを入れるため失敗が許されません。もし間違っても元に戻すことができないからです。
色々な口コミを調べて病院を決めました。値段ももちろん高すぎては出せないので値段と実績で決めました。ふたえ整形で2回も入れた糸も切った時についでに出してもらえることが出来ました。そのため今は異物が入っていません。二重の幅が落ち着くまで3ヶ月ほどかかりましたが今は気に入っています。